Tags: | |

あなたは知ってる?タピ活ブーム

※調査協力:リープ株式会社様

みなさんは、今話題の「タピ活」という言葉を知っていますか?「タピ活」とは、タピオカドリンクを飲む活動のことで、自分の飲んだタピオカドリンクをSNS上で紹介する際にハッシュタグとして用いられる場合もあります。

この「タピ活」ブームの要因をSNSクチコミから紐解いていくと、あの大人気タピオカドリンク店、「台湾甜商店(タイワンテンショウテン)」との関わりが見えてきました。

■調査結果まとめ🌸

🌸2018年はタピオカブーム再来の年!

・2017年から驚異的にクチコミ数が増加
・「タピ活」をする人が急増中!

🌸台湾甜商店は、タピ活ブームの火付け役!

・新店舗オープンの度にクチコミ数が増加
・「タピ活」と同様の増加傾向を辿っている

2018年、タピオカブーム再来!?

「タピ活」と「タピオカ」に関するクチコミ数推移から、「タピオカ」人気を見てみましょう。

まずは、「タピオカ」に関する話題量の変化を確認します。図1の折れ線グラフは、2015年2月から2018年12月の「タピオカ」を含むTwitterのクチコミ数を年別で表しています。2015年から2017年はクチコミ数に大きな違いは見られませんが、2018年になると急激にクチコミ数が増加していることが分かります。

図1:「タピ活」を含むクチコミ数推移/「タピオカ」を含むクチコミ数推移

(2015年2月~2018年12月)

次に、「タピ活」に関する話題量の変化を確認してみましょう。図1の棒グラフは、「タピ活」を含むTwitterのクチコミ数を年別で表しています。期間は「タピオカ」のグラフと同様です。2015年から2016年にかけてはクチコミ数が非常に少なかったことが見て取れますが、その後2017年、2018年と年を追うごとにクチコミ数は増えていきます。2018年の「タピ活」に関するクチコミ数は、先に示した「タピオカ」に関するクチコミと同様に前年から驚異的な増加を見せています。

以上の結果から、2018年は「タピ活」という言葉の広まりと共にタピオカブームが再来した年であると言えるのではないでしょうか。

台湾甜商店はタピ活ブームの火付け役?

ここからは、2018年のタピオカブームについて更に掘り下げて見ていきましょう。注目したのは2018年に多くの新店舗がオープンした人気のタピオカドリンク店、「台湾甜商店」と「タピ活」ブームの関連性です。

図2は、2018年1月から12月の「甜商店」を含むクチコミ数、「タピ活」を含むクチコミ数の推移をそれぞれ表したものです。対象としたSNSはTwitterです。

図2:「甜商店」を含むクチコミ数推移/「タピ活」を含むクチコミ数推移

(2018年1月~12月)

折れ線グラフで表した「タピ活」を含むクチコミ数が2018年6月から7月にかけて急激に増加していることが分かります。この期間には複数のアイドルが「タピ活」報告の投稿をしており、それに反応した人による投稿も多く見られました。

8月には棒グラフで示した「甜商店」に関するクチコミが増加しています。これは、8月24日に台湾甜商店の新宿店がオープンし、「台湾甜商店はタピオカ好きにおすすめ」という内容の投稿が多くRTされたためでした。他にも「行列がすごい」といった投稿や、タピオカドリンクの写真と共に「タピ活」の様子をレポートした投稿も多く見られました。11月・12月も同様に、新店舗オープンに伴ってそれぞれのクチコミ数は増えています。

この結果から、台湾甜商店はタピ活ブームを巻き起こした要因の1つと言っても過言ではないでしょう。

タピ活ブームに乗り遅れるな!

台湾甜商店では、芋圓(ユーユエン)・豆花(トーファー)・パフェ等、台湾でおなじみのさまざまなスイーツメニューが展開されています。全ての商品に生タピオカが入っていますので、タピ活には最適です!

期間限定メニューやキャンペーン等の最新情報は、台湾甜商店の公式Instagramアカウントでも発信されていますので、要checkです。

みなさんもこの機会にタピ活をしてみてはいかがでしょうか?


お問い合せ