Tags: |

台風シーズン到来!みんなは何をつぶやくの?

8月から9月にかけて、台風のニュースを耳にする機会が多かったのではないでしょうか。2018年に上陸した台風13号には「サンサン」、台風17号には「ヘクター」、台風20号には「シマロン」…といったように、1つ1つの台風にユニークなネーミングがされているのも面白いですよね。今回は、SNSクチコミから台風に関する投稿を探っていきます。

「台風」を含むクチコミ数(合計2,449,830件)と台風発生件数の月別比較を図1に示しました。対象SNSはTwitterで、数値は10%のサンプリングです。

※参考:気象台風情報

図1:「台風」を含むクチコミ数と台風発生件数の月別比較(2017年8月~2018年7月)

6月から台風発生件数が増えていくのと同時にクチコミ数も増加していることが分かります。台風発生件数と比例してクチコミ数も増加していくような気がしますが、2017年8月から2018年7月までの期間では2017年10月に最もクチコミ数が多く、台風発生件数は3件でした。これは一体なぜでしょうか。

図2は最もクチコミ数が多かった2017年10月の「台風」を含むクチコミ件数(合計787,503件)です。

図2:「台風」を含むクチコミ数の日別比較(2017年10月)

2017年10月22日と10月23日に急激にクチコミ件数が増えています。これは、記録上初めての超大型台風と言われた台風21号が接近・上陸した日でした。

クチコミ内容としては、以下のようなものが見られました。(一部抜粋)

・翌週に上陸予定の台風22号についての情報

・台風による被害に関する情報

・台風なのに会社に行かないといけないのはおかしい

・台風に備えて買い物をしておかないといけない

記録的な大型台風であったために、通常時よりもSNSへの投稿をする人や情報収集のためにSNSを活用する人が増えたと考えられます。


ここからは、SNSで話題の「台風コロッケ」についてクチコミ分析をしていきます。

図3は、「台風」を含むクチコミ数(2,449,830件)と「台風」×「コロッケ」を含むクチコミ数(15,008件)を月別で比較したものです。

図3:「台風」を含むクチコミ数と「台風」×「コロッケ」を含むクチコミ数の月別比較

それぞれのクチコミ数が同様に増減している様子が見て取れます。

「台風」×「コロッケ」を含むクチコミの内容を3項間の係り受けランキングで示したのが表1です。

表1:「台風」×「コロッケ」を含むクチコミの3項間係り受けランキング

台風接近に伴ってお惣菜のコロッケの販売数を5割増にすることを発表したスーパーがあり(4位、5位、13位)、19位に「ネット上での(台風コロッケについての)噂が本当だった」といった投稿も見られることから、台風コロッケの影響の大きさが分かります。投稿を時間別で見ていくことにより、プロモーション投稿をするのにより効果的な時間を見極めることもできます。

台風に関するクチコミ分析、いかがでしたでしょうか。

SNSクチコミと他のデータ(今回の調査では気象庁の台風発生件数データを用いました)の関連性について分析することで、より幅広い観点で分析を行うことが可能です。社内で持て余しているようなデータから、新たな発見が生まれるかもしれません。データの活用方法にお困りでしたら、ぜひ一度ご相談ください。


◎毎週公開中!これまでのトレンド記事はコチラ

◎弊社への調査依頼はコチラ

◎DIGMARTのサービス概要を知りたい方はコチラ


お問い合せ