Tags: | |

サンシャインシティで「ひまつぶしピクニック」開催!「ピクニック」ってどんなイメージ?

※調査協力 サンシャインシティ

だんだんと暖かくなり、春の訪れを感じる時期となると外へのお出かけをしたくなる、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。桜の下でのお花見や散歩、公園でのピクニックなど暖かくなるとやりたくなることは多くあります。

サンシャインシティでは2019年3月15日(金)~4月7日(日)の期間、「ひまつぶしピクニック」を行っています。これは、春の花々が満開のサンシャインシティで、おしゃれなキッチンカーやワークショップなどを楽しみながらのんびりと過ごせるイベントです。

今回の記事では「ひまつぶしピクニック」の名前の由来と、ピクニックのイメージについて、調べてみました。

名前が「ひまつぶしピクニック」な理由は?担当者に聞いてみた!

このイベントでは、「ピクニック」という名前での開催となっておりますが、桜も咲いており、自分でピクニックシートを持ってきて、のんびりとお花見を楽しむこともできます。

お花見ができるのに、イベントの名前に「お花見」ではなく「ピクニック」という単語を使っているのはなぜでしょうか。

サンシャインシティのご担当の方によると、

「”お花見”という言葉はなんとなく夜やお酒をイメージしてしまうため、“ピクニック”という言葉を使うことで、日中に楽しんでいただけることを伝えたい。お子さま連れの方も安心して、お弁当片手にお花見を楽しんでいただきたい。」

とのことでした。

確かに、「ピクニック」と「花見」では受け取るイメージがそれぞれ異なるのではないでしょうか?実際にSNSのクチコミでも調べてみました。

同じ時期のクチコミでも「ピクニック」と「お花見」はこれだけ違う!

少しずつ暖かくなり、桜も咲く時期である2018年3月から4月を今回の調査の対象としました。Twitter上で「ピクニック」と発言されているクチコミのうちリツイートを除く16,667件のデータと、「花見」と発言されているクチコミのうち、リツイートを除く50,000件のデータから、頻出語をそれぞれピックアップし比較してみます。

表:「ピクニック」「花見」の頻出語の比較

「ピクニック」では「お弁当」が、「花見」では「桜」がよく一緒につぶやかれる単語のトップとなりました。また、「ピクニック」のほうでは「作る」という言葉も見られました。これは、「ピクニックにいくためにお弁当を作りました」というクチコミが多く見られたためです。やはり”ピクニックといえばお弁当!”というイメージを持つ方が多いようですね。

「ピクニック」と「花見」には、「公園」や「食べる」など、共通する言葉も多く見られましたが、「花見」のほうには「飲む」という言葉もあります。これは、「お花見ではお酒を飲む」ことが多く、それについてクチコミをする人が多いためだと考えられます。お花見ではお弁当というよりはお酒を楽しむイメージが先行する方が多いのかもしれません。

つまり、「お弁当を片手に楽しんでもらいたい」という思いを込めたサンシャインシティのイベントには、「ピクニック」という言葉が適していたことがわかりますね!

サンシャインシティでは「ひまつぶしピクニック」を開催!

「ピクニック」や「花見」は公園というイメージの方が多いようですが、サンシャインシティでもピクニックシートを持参してのんびりと過ごすことができます。

また公園と違い、キッチンカーやワークショップなどのコンテンツも充実しているのでまさに「ひまつぶし」にはもってこいですね。ピクニックをしたい人も、お花見をしたい人も暖かくなり過ごしやすくなる時期は、のんびりと外でくつろいでみてはいかがでしょうか。


◎サンシャインシティの「ひまつぶしピクニック」をもっと詳しく!


お問い合せ