Tags: |

中国で人気の日本の食べ物は「たこ焼き」!?その魅力をクチコミ分析!

突然ですが、あなたは「たこ焼き」は好きですか?
丸くて美味しそうな見た目、熱々の具材・・・少し考えただけでお腹が空いてきますが、そんなたこ焼きが、お隣中国でブームとなっているんだそうです。

今回は、そんな中国での「たこ焼き事情」をクチコミから分析してみたいと思います。

中国ではやっぱり「掲示板・総合サイト」がアツい!

まずは、中国のソーシャルメディアで「たこ焼き」が盛り上がっているのはどこなのか、2016年8月~2017年8月のおよそ1年間に「たこ焼き(章鱼烧)」と発言されたソーシャルメディアを調べました。
その割合をグラフ化したのが以下の図です。

「たこ焼き(章鱼烧)」と発言されたソーシャルメディア

以前、「SNS分析で見えた!日本ブランドの化粧品が中国で人気の理由とは?」 でも紹介しましたが、中国ではやはり「掲示板・総合サイト」での発言が圧倒的に盛んのようです。

「掲示板・総合サイト」とは、提示された新しい情報に対してユーザーがコメントをしたり、その情報に関連する商品を購入したりすることが出来るサイトで、中国国内ではとても人気のあるサービスです。

「化粧品」でご紹介したよりも、さらに「掲示板・総合サイト」の割合が高くなっています。化粧品だけではなく、食品に関してでも掲示板・総合サイトは中国の方に重宝されているようです。
ではどんな「掲示板・総合サイト」で発言が盛り上がっているのかを調べてみたところ、上位6サイトは以下のようになりました。

表1:「たこ焼き」と発言されている掲示板・総合サイト上位6サイト

ダントツ1位の「大衆点評」は、いわば「中国版食べログ」といったサイトです。
1年間で約4,500件のクチコミがあるということは、「たこ焼き」はかなりの人気があると言えるのではないでしょうか。

ちなみに、このサイトには中国のレストランだけではなく、日本など海外のレストランも多数登録されています。
中国人観光客は外国を訪れる際には、まずはこのサイトでレストラン情報を調べる、ということも多々あるそうです。

「大衆点評」で紹介されているお店とクチコミをご紹介!

ではここで、実際に「大衆点評」でたこ焼きのクチコミがあったお店をいくつかご紹介したいと思います!

①一枕小窗浓睡

「大衆点評」でたこ焼きのクチコミがあったお店①

参考:http://s.dianping.com/topic/27285864#
(画像はリンク先を抜粋したスクリーンショットです)

値段は少し高く感じつつも、店員の対応や味には満足しているようです。
たこ焼きが大きいこともポイントのようですね。
また、たこ焼きを作っている過程が見られることも、評価のポイントとなっているようです。

②探路网红店,和米堂章鱼烧

「大衆点評」でたこ焼きのクチコミがあったお店②

参考:http://s.dianping.com/topic/12836260#167283588
(画像はリンク先を抜粋したスクリーンショットです)

どうやら非常に混雑するお店のようで、投稿者は「お店に着いた頃には食べたい味がなくなってしまった」とコメントしています。
10分以上の順番待ちがあったようですが、無事に熱々のたこ焼きを食べることができたようです。
掲載されている写真を見ると、日本ではあまりお目にかかれないような、海老がどーんと乗ったたこ焼きがウリのお店のようです。

これはこれでとてもおいしそうですが、これはたこ焼きではなくて「えび焼き」なのでは・・・。。

③日本のお店も紹介されている

「大衆点評」では、先ほども少し触れたとおり、日本のお店も紹介されています。
ここでは、あるユーザーが大阪・道頓堀エリアを旅した後のクチコミを見てみましょう。

「大衆点評」でたこ焼きのクチコミがあったお店③

参考:http://s.dianping.com/topic/26687790#
(画像はリンク先を抜粋したスクリーンショットです)

日本人の私たちでも、「たこ焼きといえば大阪」とイメージを持っている人は多いのではないでしょうか?
こちらの記事でも、「タコが小さい」とか「行列にうんざりした」というような感想も見られますが、「たこ焼きといえば大阪」というイメージは中国の方にもあるもののようです。

クチコミ、大きく見るか?細かく見るか?

このように具体的にクチコミを見ていくと、たこ焼きはその美味しさはもちろんですが、目の前でできていく過程が楽しめることや手軽さも評価されているようだということがわかりました。

ここまでは「たこ焼き」に焦点を当てて調査を行いましたが、中国では他にもラーメンや寿司など、日本の食品が数多く流行しています。
例えばラーメンは、みなさんもご存知の通りもともと中国料理なのですが、日本で独自に進化したとんこつラーメンが逆輸入されて中国で流行しているようです。

「大衆点評」でたこ焼きのクチコミがあったお店⑥
参考:http://s.dianping.com/topic/15890868#

DIGMART特設ページでは中国語で「日本拉面(日本ラーメン)」というハッシュタグが付いている実際のクチコミを紹介しています。
ほんとに豚骨ばかりです。これも見ているだけでお腹が空きそうですが、是非ご覧ください。

今回は、クチコミデータを細かく見ていくことで、たこ焼きがどのように評価されているのかを調べました。
ソーシャルメディアのデータは大きく「何件ツイートされている」などと見ることもできる一方で、細かくピンポイントに「どんなことが言われているのか」「どういう傾向にあるのか」などを調べることもできます。

今後、国内はもちろん、海外でのマーケティングを考える際にはこのソーシャルメディアのデータをどう扱い、どう分析していくかも、考えるヒントとなりえます。
皆さんも、是非ソーシャルメディアのクチコミに目を向けてみてください。


お問い合せ