Tags: |

商品開発に活かせる!SNSクチコミ調査の活用方法~商品開発編~

商品開発に携わっている皆様、お困りのことはございませんか? 「斬新なアイディアがほしい」「最近のトレンド傾向が分からない」「消費者のニーズが把握できない」…一度はこういった悩みを抱えたことがあるのではないでしょうか。そんな時に役立つのがSNS (ソーシャル・ネットワーキング・サービス)クチコミ調査です。SNSクチコミ調査は多くの企業でメジャーとなってきていますが、実際どのように活用できるのか?、本当に効果があるのか?、等と疑問を感じている方もいらっしゃるのではないかと思います。

そこで、今回から二度に渡り、これまでのトレンド記事とは一味違った側面から商品開発に活かせる!SNSクチコミ調査の活用方法について掘り下げていきます。第1回目の今回は、商品開発前の情報収集におけるSNSクチコミ調査の活用に関する記事をお届けします。

SNSクチコミ調査の使いどころはここ!

世の中にどういった声が多いのか、消費者がどういった商品を求めているのかは、商品開発をする上で重要な情報ですよね。消費者が心に秘めている本音は、当人すら自覚をしていないことも多く、情報収集は困難な場合が多いです。アンケートやグループインタビューといった手法を使用する場合もありますが、ある程度の時間やリソースが必要で、なかなか実施に踏み切れないといった悩みもあると思います。

SNSクチコミ調査では、手軽に消費者の本音を知るための手がかりを掴むことが可能です。では、具体的にどのように商品開発にクチコミ調査を活かすのでしょうか?以下の図は、一般的な商品開発の流れを示しています。

図1:商品開発の流れ

 商品開発は一般的に 情報収集 → 企画立案 → 社内プレゼン → 開発・製造部門との調整 → 販売戦略検討… と続いていきます。情報収集~社内プレゼンには多くの時間やリソースを要しますが、商品企画案が却下されることで手戻りが発生し、更に時間がかかってしまうこともあります。そのため、商品開発の最初の第一歩である『情報収集』は特に大切であると言えます。ここでSNSクチコミ調査を活用することにより、リソースの削減・必要としている情報の獲得に役立てることができます。

ここからは、実際の商品開発フローに沿って、SNSクチコミ調査を行う例を見ていきましょう。まず、既存商品名でクチコミ検索を実施してみます。下の図2は、商品Aに関するクチコミ調査のイメージです。

図2:商品開発でSNSクチコミ調査を実施する例≪商品開発時≫

 SNSクチコミは匿名性があるため、消費者の率直な気持ちが語られることが多いという特徴があります。収集したデータの中から、新商品開発に活かせそうなデータをテキストマイニングして分析します。すると、「商品Aと商品Bを一緒に食べると美味しい!」といったような思いもよらぬ意見を発見することができます。最終的にSNSクチコミから得た情報を新商品案検討のヒントとすることが可能となります。ここで重要なのは、件数の多い意見が必ずしも正しいということはなく、大量のSNSクチコミデータの中から件数は少なくても有効な意見を見つけ出すことができるかどうかです。そのカギとなるのがテキストマイニングの技術であり、目的に応じて適切な手法で分析をすることが必要です。

テキストマイニングでクチコミの弱点をカバー!

せっかく大量のクチコミデータを収集することができても、それをうまく分析できなければ意味がありません。クチコミデータには消費者の意見とは関係のないbotによるクチコミが混在している可能性が高いですが、botと判断できるような言葉をデータ収集の時点で排除したり、テキストマイニングを実施して必要なデータを抽出することにより、より質の高いデータを分析することが可能となります。

また、SNSクチコミには投稿ごとに属性情報が付与されていないことが多く、男女別・年代別等のクチコミ属性比較をするのに十分なデータ数が集まりづらいといった弱点もあります。この問題に対しては、テキストマイニングでクチコミ内容から属性情報を推測して付与することにより対処が可能で、ターゲットを絞った分析を可能とします。テキストマイニングの技術や分析手法について詳しく知りたい方は、コチラまでお問合せください。

まとめ

今回は、商品開発をテーマとした記事の第1弾として、情報収集におけるSNSクチコミ調査の活用方法を詳しくご紹介しました。情報収集をする上で、SNSクチコミ調査を活用するメリットは以下です。

商品開発時の情報収集におけるSNSクチコミ調査活用のメリット

✔匿名性があるため、消費者の本音が語られやすい

✔有効な少数派の意見まで収集することができる

✔思いもよらなかった意見の発見に繋がる

これだけでも十分にメリットを感じられそうですが、実はSNSクチコミ調査には更なる使い道があるのです。詳細は来週更新の第2弾にてご紹介します。ご期待ください!


お問い合せ