Tags: | |

夏の必需品の”アレ”が原因!?みんなの肌のお悩み分析

本格的な夏が迫ってきました。夏はBBQやプール、山登りなど外でのレジャーを楽しむ機会が多く、紫外線対策などに気を遣う人も多いのではないでしょうか。今回のトレンド調査では、肌の悩みをテーマとし、特に夏に焦点を当ててクチコミを分析してみました。みなさんは、夏にどのような肌の悩みを抱えていますか?

肌の悩みに関するクチコミが最も多い月は?

まずはクチコミ数を時系列で追ってみましょう。
以下の図1は、2016年~2017年の「肌」×「悩」を含むクチコミ数を月別で追ったものです。対象としたSNSはTwitterです。

図1:「肌」×「悩」を含むクチコミの時系列推移(2016年~2017年)

全体的な傾向は、2016年と2017年で大きな違いは見られず、1月頃をピークにクチコミ数は段々と減少していきます。クチコミ数の増減には一定の傾向があるように見えますが、2017年7月は特にクチコミ数が急増しているのが特徴的です。これは一体なぜでしょうか?次の章では、実際のクチコミからその原因を探ってみたいと思います。

夏にクチコミが急増した謎を探る!

 2017年7月の実際のクチコミには、日焼け止め購入の際に「(同じメーカーのものを)何回も買ってるけど今年のは手のひらの肌荒れが酷い」「(某メーカーの日焼け止めは)肌が乾燥しやすいと店員さんに言われた」等と、日焼け止めによる肌荒れを気にしている発言が多く見られました。

日焼け止めは紫外線から肌を守るために使用されるものですが、それが肌荒れの原因になる可能性があるというのは、少々意外でもありますね。実際のクチコミを掘り下げて確認することにより、夏の必需品とも言える日焼け止めが原因で起こる肌荒れについて、悩みを持っている人が多いということが推測できます。

属性による違いはあるか?

 肌の悩み=女性に多い、というイメージを持っている人も少なくないのではないでしょうか。ここでは、クチコミの男女別割合を調査してみたいと思います。図2-1は、2017年7月の「肌」×「悩」を含むクチコミのうち、属性情報の登録があるデータを対象に男女別のクチコミ割合を示したグラフです。

図2-1:「肌」×「悩」含むクチコミの男女別クチコミ割合(2017年7月)

 女性52%、男性48%となっており、ほぼ半数ずつのクチコミが投稿されていることが分かります。肌の悩みは女性によるものだけではなく、男性も同じように肌に関する悩みを持っているのですね。
図2-2では、男女別のデータを更に年代別で表しています。こちらも対象は属性情報が登録されているクチコミとしています。

図2-2:「肌」×「悩」を含むクチコミの男女/年代別クチコミ割合(2017年7月)

 男女ともに20~30代によるクチコミが多い傾向にあります。これには、Twitterの利用者層が20~30代に多いことも関係しているかもしれません。男女で大きな違いは見られませんが、50代以上の男性によるクチコミが特に多いのが特徴的です。50代以上の男性が投稿しているクチコミ内容としては、肌の悩みと一緒に「髪の悩み」に関するものが目立っていました。

季節によるクチコミの移り変わりは?

 では、夏以外の季節では何か違った傾向が見られるのでしょうか。図3-1/3-2では、時系列に沿ってどのようにクチコミが移り変わっていったのかを確認するため、期間を2017年の1年間に絞って月別の頻出語を抽出しました。

図3-1:月別頻出語ランキング(2017年1月~6月)

図3-2:月別頻出語ランキング(2017年7月~12月)

1年を通して常にランキングに出現しているのが「ニキビ」です。春や夏に特にランキングが上昇していることが分かります。件数別で見てみると、ほとんどの月で「ニキビ」に関するクチコミが平均して500件ほどである中で、7月のクチコミ数が約3,400件と突出しています。実際のクチコミでは、「ニキビの撃退法」や「ニキビの原因」について語っているアカウントの投稿に対するRTが多く見られました。10位には「治す」、14位には「病院」がランクインしているため、夏の長期休暇等を利用してニキビの治療をする人が多いのでは?と推測できます。

「乾燥肌」は夏場を除いてほとんどの月で出現しており、「シミ」も出現回数が高い傾向にあります。それぞれのクチコミ内容としては、乾燥やシミ対策にオススメのスキンケア方法・対策について述べているものが多く見られました。肌の悩みを持つ人たちは、悩み相談や悩み解決のための情報入手の場として、気軽にSNSを利用する傾向にあるとも言えるでしょう。

まとめ

今回の調査では、夏の肌の悩みに関するクチコミを分析しました。その結果、

◎日焼け止めによる肌荒れに悩む人が多い

◎女性だけでなく男性も同じように肌の悩みを持っている

◎1年を通してニキビに悩む人が多い

◎SNSは肌の悩み解決に関する情報収集手段として活用されている

ということが分かりました。

もしもあなたが化粧品会社の商品開発担当者だとしたら、「肌荒れしない日焼け止め」や「男性向けの肌荒れケア商品」の商品提案をする際の参考データの1つとして、SNSの調査結果を活用することができます。
インターネットやスマートフォンが普及した今、知りたい情報を簡単に調べ、自分の思いを気軽に発信することができるようになりました。つまり、SNS上には生活者の悩みや欲求等といった”本音”がたくさん投稿されているということです。そういった生活者の思いをリアルタイムに収集したり、今回の調査のように季節や時系列に区切って見ていくことで、生活者の真の「困りごと」や「ニーズ」に気付くことができるかもしれません。みなさんもSNSクチコミ調査を活用して、生活者の”本音”を探ってみませんか?


◎毎週公開中!これまでのトレンド記事はコチラ

◎弊社への調査依頼はコチラ

◎DIGMARTのサービス概要を知りたい方はコチラ



お問い合せ