Tags: | |

文具女子博2回目開催!来場者の反応は?

日本最大級の「文具のお祭り」である「文具女子博2018」が12月14日~16日にかけて開催されました。2017年に続いて2度目の開催であり、来場者は3日間で延べ35,000人を達成しました。昨年の25,000人を大きく上回ったようで、文具好きな女子の注目度を感じますね!全123社、約50,000点が一堂に会した、大人気イベント「文具女子博2018」の盛り上がりをTwitterのクチコミから分析しました!

クチコミ数から文具女子博の盛り上がり度をチェック!

まずは開催日の1か月前から、最終日12月16日までのクチコミ数の推移を見てみます。図1に2018年11月12日~12月16日までの「文具女子博」を含むツイート数の推移を示します。

図:11月12日~12月16日の「文具女子博」を含むツイート数の推移

11月21日に「シヤチハタチーク」についてのツイートが多数RTされ、盛り上がりを見せています。

先行販売ということで、関心を集めたようです。Twitter上では

・何回見てもほんとにかわいい・・・
・このチークが本気で欲しい/買いたい!

といった意見が見られ、中には「文具女子博へ行けないけど欲しい!」といった一般販売を待ち望む声も見られました。また当日のクチコミでも

・手にぽんぽんしてみたら簡単に色がついてよかった
・目当てのシヤチハタチークが買えました

といった、使ってみての感想や、購入できたことに対する喜びの声が多数見られました。

多数RTで大人気!?文具女子博公式TwitterでRTの多かった商品!

文具女子博公式Twitterでは、開催日前から様々な商品が紹介されていましたが、中でもRTの多かった商品に着目してみます。

★マルマンの「図案スケッチブック」×人気イラストレータ―:浅野みどりさんデザインの動物のアクリルチャーム

公式Twitterでも多数RTされ、開催日前から人気が高かったようです。クチコミでも

・マルマンのアクリルキーホルダーが可愛すぎる!
・Twitterで見たときから欲しくてしょうがなかった。

という意見が見られ、公開された画像の可愛さに惹かれて購入した方も多いようです。このアクリルキーホルダーは、黄色のカプセルに入れられた状態でランダムに選ぶという方法で販売されており、

・マルマンのガチャやって〇〇を手に入れました!
・お目当てのものを当てるまで回すしかない・・・

といった、ランダム性がある商品特有の意見も見られました。

★おどうぐばこがキャリーバックに!?文具女子博で先行発売

らいおんのおどうぐばこでお馴染みのあの商品が、キャリーバッグの本格的ブランド「タイムボイジャー」とコラボした商品です。こちらの商品も、事前に文具女子博公式Twitterで多数RTをされていました。

・人気すぎて写真撮るのも難しかった
・これは可愛い!

といった、人気が伺えるクチコミも見られ、「買っちゃった」という意見もありました。

★「おいしいおえかき」の「越乃雪本舗 大和屋」

「おいしいおえかき」「万華鏡のかけら」「あまいおはじき」「こはくのつみき」の4種類のお菓子が文具女子博で販売されました。こちらも事前の文具女子博公式TwitterではRTが多く、またクチコミでも

・あまいおはじきを目当てに会場に行った
・文具女子博に行こうと思ったのはおいしいおえかきに惹かれたからです!

といった、このブースの商品を目当てに会場に来た、という意見が見られました。見た目が可愛く、「戦利品」としてこの商品を画像付きで紹介している意見も多く見られ、開催前、開催中ともに人気が高かったことがわかります。

会場もクチコミも大盛り上がり!

3日間で延べ35,000人が来場した、ということもあり、わずか3日で19,358件ものクチコミが見られました。人気過ぎて早々に売れきれてしまった商品もあり、それに対して再販を望む声や、全国販売を望む声も出ており、文具女子博の人気の高さがSNS上からも伺える結果となりました。また、「#文具女子博お留守番組」といったハッシュタグも作成され、お気に入りの文具を紹介し合うといった会場以外での盛り上がりも見ることができました。

文具女子博には、この記事で紹介した以外にもたくさんの商品が販売されており、また体験型ブースやバイキング形式の売り場など盛りだくさんな内容でした。当日は開場待ちで行列ができるほどの大人気イベントです。すでに2019年12月の開催も決定しており、また2019年春には大阪でも開催されるそうです!次回が今から楽しみですね。

文具女子博についてはコチラ


お問い合せ